食物繊維の便秘解消効果

食物繊維の便秘解消効果

食物繊維が便秘解消に効果があるというのはイメージ通りかと思います。

 

食物繊維は高い便秘解消効果を持ち、基本的に便秘は食物繊維を毎日適量摂取することで防げると考えられています。便秘を防ぐメカニズムはおそらくみなさんがイメージする、便の量を増やすというアプローチ以外にも多くの働きがあります。

 

まず、多くの人が想像する通り、食物繊維は消化されずほぼ体積がそのままで便に混じることとなります。そのため食物繊維を多く取れば便の体積が大きく膨らむこととなり、これは便秘解消に最も役立つ効果と言えます。

 

便の量が多くなれば早く外に出そうと腸はぜん動運動を活発化しますし、量が多ければ容易にお通じが行えるようになります。

 

便秘の方は総じて便の元のかさ自体が少なく、ただでさえ少ない便が腸内で滞留することにより水分を失い、より一層体積が少なくなってしまうのです。十分な量の食物繊維はそれを防ぎ、排便を容易にしてくれるわけです。

 

また、食物繊維は便にいろいろなものを混ぜます。水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も水を多く運びます。

 

水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状になり、不溶性食物繊維は水に溶けませんがその分繊維組織の内部に水をたっぷり保有し、便に水分を加えてくれます。これに加え食物繊維は脂質も吸着しやすいため、脂分も便に混ぜてくれます。このことによって、便秘時は硬くなりがちな便を柔らかくし、排便をさらに容易にしてくれるのです。

 

さらに、特に水分を吸って膨らんだ不溶性食物繊維はその大きな体積で腸壁などに引っかかるゴミを綺麗に掃除してくれます。

 

腸内に滞留したゴミは毒素を発し腸のぜん動運動を妨げますが、食物繊維によって掃除され腸の活発なぜん動運動も守られることとなるのです。