不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維とは、読んで字のごとく水に溶けない性質の食物繊維です。水には溶けませんが繊維の塊の中の空間に水は流れ込みます。そしてその結果体積を大きくふくらませるのです。

 

水溶性食物繊維のように水に溶けるとカサが減るということなく、逆に水を含むと体積が何倍にも膨れ上がるのがこの不溶性食物繊維なのです。

 

不溶性食物繊維はこの体積が膨れ上がるという性質から、便のカサ増し効果で便秘を改善したり定期的なお通じを促したり、また膨れ上がった不溶性食物繊維が腸内を通過する際に腸内に長期間留まっている食べ物のカスなどを引っ掛けて一緒に排泄されることで、腸内のゴミ掃除をする役割があり、長期間留まって腐敗し毒素を発生させ続けるゴミがなくなり腸の健康を大きく増進してくれるのです。

 

腸が元気になれば便を肛門側に送るぜん動運動が活発化しますので、結局は便秘の改善効果につながります。

 

またこれらの強い便秘解消効果のほか、余分な栄養素を消化させずに排出させるという役割もあります。特にベタベタした脂肪は不溶性食物繊維に引っかかりやすく、脂っこい食べ物と食物繊維を同時に摂取すると脂肪の吸収率を大幅に下げてくれます。また脂肪ほどではないですが、塩分の排泄効果もあります。

 

このような、ゴミや便、はたまた過剰となりがちな栄養素を外に排出してくれる不溶性食物繊維はまさに腸の掃除機です。積極的に食事に取り入れ定期的に摂取していれば常に腸内を綺麗に保て、様々なトラブルを防ぐことができるでしょう。