インスリン療法のメリット・デメリット

インスリン療法のメリット

糖尿病 イラスト

インスリンを使って糖尿病の治療をする場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?糖尿病を発症している人にとって、インスリン療法というのはいくつもメリットがあるといえるでしょう。

 

そもそも糖尿病というのは、インスリンが正常に分泌されていない状態になっています。そのため、外部からインスリンを投与して、糖尿病の症状を抑制するのです。

 

インスリンを投与することによって、体内のインスリン不足が解消され、血糖値を低下させることができます。インスリンがちゃんと分泌されていない場合、膵臓が頑張ってインスリンを分泌しようとします。その結果、膵臓が疲労をしてしまうということも多いのです。

 

そのため、インスリン療法が早期で行われるようになる事例が最近増えつつあります。インスリン治療の効果はとても期待できるようになっているため、糖尿病患者の治療で行われることがとても多いのです。

 

デメリット

 

しかし自分でインスリンが入っている注射を打たなくてはならないのは不安が残っているという人や、注射が嫌いだという人もいるでしょう。ですから、インスリン注射に対して抵抗を感じている人が多いのも事実です。

 

また、インスリンを投与するということは、他に方法がないのではないかと絶望視してしまうという人も多いです。そのため、インスリン療法を医師から勧められても、したくないと答える人が多いのがデメリットと言えるのかもしれません。

 

最終手段としてインスリン療法がおこなわれているというわけではありません。最近は早期的な解決のためにインスリン療法がおこなわれるようになっているわけですから、インスリン療法を勧められたとしても、病状が非常に重いとは言い切れないのです。

 

少しでも早く、症状が改善されるようにインスリン療法を提案されるということが多くなっていますから、諦めずに治療を受けるようにしたほうが結果として、楽になるかもしれません。

 

参考:インスリン抵抗性を改善する方法【インスリン完全ガイド】